MENU

花粉症

 

花粉症というのは数年前からかなり有名になっていますが、それまではただのアレルギー性鼻炎だったと思われていたのですが、花粉が原因で起きるアレルギー症状のことを花粉症と呼んでいます。花粉症と言えば、春先にかけて一番多いといわれているのですが、最近は年中を通して、いろいろな花粉が飛び交っていて、その花粉によってアレルギーの症状を感じている人は増えているのが現状です。
花粉症の症状といっても人それぞれ違っています。そして去年は花粉症ではなかったに、突然花粉症になるという人もいるといわれています。花粉症と一言でいっても色々で、花粉症の原因になる花粉にも種類があるのです。
花粉症の症状が悪化してひどくなっている人は薬を使って症状を抑えることはもちろんのこと耳鼻科に通ったり適切な処置を行うほか、毎日の生活習慣を改める必要もあるといわれています。たとえば花粉症の人が外出するときにはマスクやメガネ、防止は欠かせないものになっていますし、上着も玄関先ではたくなど毎日の生活でも花粉症を少しずつ改善するための努力が必要です。今までは大人だけに起きるとされていた花粉症の症状も最近は子供でも花粉症になるといわれています。

 

ブタクサと花粉症

 

ブタクサって聞いたことがありますか?植物の名前なんですが、少し変わったような形をしている植物で、道端や畑などによく生育している植物です。花粉症に悩んでいる人の原因となる植物の一つとしてこのブタクサがあげられています。アレルギー性結膜炎にかかってしまっている人は、春先のカタル患者さんのブタクサに対している特異的抗体陽性率というのは20%以上とされていて、アレルギーの原因物質としてかなり強い物質であるということがわかっています。
ブタクサはだいたい8月から10月ごろに飛散するといわれていますから、夏の終わりから秋にかけて鼻水が止まらない、目がかゆい、くしゃみがひどいなどの症状があるという人は、ブタクサに反応して起きている花粉症かもしれませんから気をつけた方がいいでしょう。ブタクサはもともとは日本にはなかったのですが、第二次世界大戦後に北アメリカから日本に帰化して、それが全国に生育するようになったようです。
秋に花粉症になるという人の多くが、イネか、ブタクサによってアレルギー症状が出ている可能性が高いといわれていますから、ブタクサを、見かけたら注意した方がいいですね。ブタクサが近くにあるという人はあらかじめ撤去しておく方がいいかもしれません。

冬の花粉症

 

冬の花粉症について紹介したいと思いますが、従来なら春に怒るとされていた花粉症ではありますが、最近は冬にも花粉症で悩んでいるという人は多いと思います。花粉症に悩んでいる人は年中問わず色々な花粉に悩まされていますから、冬に飛散する花粉によって反応が起きて花粉症になるという人も多いのです。冬の花粉症対策としても春の花粉症と同じく、早めからのケアが必要です。たとえばバランスのいい食事を取るということは冬の花粉症に問わず大切なことです。花粉症に効果があるといわれているメニューや料理法なども今は色々とありますから、自分なりに食生活を改善していく必要があります。
また冬の花粉症に限らずこちらも花粉症全般に言えることエスが、規則正しい生活をするということが大切です。今花粉症は増え続けていますが、不規則な生活やストレス社会が花粉症のアレルギー症状を悪化させているといわれていますから、毎日の生活習慣を改善させることも重要なのです。
そしてストレスや疲れというのは、副交感神経を緊張状態にさせる働きがありますが、それにより冬の花粉症に限らず、花粉症の症状が出やすくなっていますから、ストレスや疲れはできるだけためないようにするということも大切ですね。